膝の黒ずみ解消ラボ!人気ケア商品ランキング

更新情報:2017.2.24 10:20 更新

意外に目立つ膝の黒ずみ、どうやって解消したらいいか悩んでいませんか?

膝の黒ずみにショックを受ける女性

自分の膝は意外にまじまじと見ないので気がつきにくい場所ですよね。
でも、半ズボンをはくと他人からばっちり見えますし、黒ずみがあると不潔な印象になってしまいます。
白くてすべすべの膝をどうにか手に入れたいものです。
膝の黒ずみを気にかける女性
そこでこのサイトでは、膝の黒ずみを解消する為にオススメの人気ケア商品を、ランキング形式にして紹介したいと思います。
綺麗な脚を取り戻して、より素敵な人生をお送りくださいね♪

膝の黒ずみ解消にオススメ!人気ケアグッズランキング

ラスター

ラスター

メラニンブレーキ成分が黒ずみしつこい膝の黒ずみを集中美白

ラスターは、気になる膝の黒ずみにはもちろん、乾燥、赤いポツポツ、カミソリ負け、ムダ毛処理後のケアにも使えるクリームです。

5つの美白成分が黒ずみの正体であるメラニン色素の抑制効果を発揮します。
アルピニアカツマダイ種子エキス(メラニンブレーキを活性化する)
トラネキサム酸(メラニンの過剰生成を抑える)
党参抽出物加水分解液(色素沈着防止に効果的)
グリチルレチン酸ステアリル(ターンオーバーサイクルを整える)
溶解性甘草エキス(美白有効成分を高く引き出す)

『メラニンを作るな』という新美白理論メラニンブレーキを含む本格美白成分を、高浸透ブースター成分が引き連れて肌の奥までしっかり浸透し、肌状態を良好に導きます。
また、角質バリアを整えるセラミドを独自カプセル技術でナノ化(微粒子化)配合しているため、黒ずみを根本から抑えます。

さらに、潤いを保つ保湿成分と肌を柔らかくするエモリエント成分として、スクランなどの9種類もの成分が高濃度配合されているので、黒ずみの予防にも効果的です。
無添加にも徹底的にこだわって作られた肌に優しいクリームなので、敏感肌の方でも安心して使用できるのも魅力の1つです。

ラスターの口コミ情報はこちら

ラスター公式サイト

ロコシャイン

ロコシャイン

独自の潤いメカニズムによる黒ずみ解消・予防

ロコシャインは、膝や肘をたっぷりの潤いで満たし、刺激に負けない肌力を作り出す、黒ずみケア専用美白セラムです。
膝の肌と癖に着目し、厳選された6種の保湿成分(プラセンタ、サクラ葉エキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、ユリエキス、バイオアンテージ)を高濃度に配合し、独自の潤いメカニズムにより肌にたっぷり潤いを与え、しっかりとどめて、さらに自ら生み出す力を生み出します。
1日2回膝に塗るだけで、刺激によって発生する黒ずみの元のメラニンをブロックし、さらにメラニンを元から分解してくれるので、美しく透明感のある肌を実現します。

そして、毎日続けるケアだからこそ、必要のない刺激となる成分をゼロにし、無添加にこだわって開発された低刺激の商品ですので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

ロコシャインの口コミ情報はこちら

ロコシャイン公式サイト

イビサクリーム

イビサクリーム

メラニン生成を抑えつつ、しっかり保湿できるイビサクリーム

イビサクリームはメラニンの生成を抑えるトラネキサム酸と、お肌の荒れを防止・沈静化し、お肌を整えるグリチルリチン酸2Kを配合しており、2つの薬用成分で黒ずみをケアし、綺麗な肌をサポートします。

また、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える4種類の植物成分を配合しているため、メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチするので、肌を理想な状態に整え、健康な肌サイクルを導きます。
さらに厳選された8種類の保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えることにより、黒ずみを予防します。

敏感肌の方でも安心して使えるよう、添加物を使用せず、赤ちゃんでも使えるほどの肌に優しいクリームです。

イビサクリームの口コミ情報はこちら

イビサクリーム公式サイト

膝に黒ずみができる原因

摩擦

デニムの女性の膝

体の黒ずみの原因の第1番目は、なんといっても摩擦です。
体の中でも膝は、ジーンズなどのタイトな洋服との摩擦でメラニンが大量に生成されて黒ずみやすい部分です。
また、膝を床につく生活習慣も大きな原因のひとつとされているのです。
人は特別意識していなくても、家事や育児などで頻繁に膝をついているものです。
ましてや膝をつく職業の人はどうしても摩擦による黒ずみができやすく治りにくいです。
幸いにして膝をつくことが少ない場合でも、膝は曲げ伸ばしなどで酷使されているので黒ずみやすいのです。

乾燥

乾燥する地面

黒ずみの原因の2番目は乾燥です。
顔の乾燥には気をつかっているのに膝の乾燥は気にしない人も多いのですが、自分の膝をよく見ると角質が固くなっていて、他の部分、例えば太ももよりもかさついています。
乾燥しているのでボディクリームなどで保湿しても、すぐにうるおいがなくなってしまう経験をしたことがあるのではないでしょうか。
すぐに乾燥してしまう原因は、角質が厚くてせっかくの保湿成分が滲透しにくいからです。
乾燥が進むと黒ずみが治りにくくなってしまいます。

紫外線

紫外線イメージ

黒ずみの原因の3番目は紫外線です。
夏場は特に紫外線も強いのに、日焼け止めはせいぜい腕まで。
足や膝には塗らない人が大半ではないでしょうか。顔と同じように膝も当然日に焼けて黒くなっていきます
冬に比べて、半ズボンなどの足を露出したファッションになりますので、直接日光が当たります。
日焼け止めを塗っていなければ黒くなるのは当たり前ですね。
また膝が直接物に触れてしまうので相互に影響があります。
したがって、夏は黒ずみやすい季節ということが言えます。
これらの原因がからみあって、膝の黒ずみはとても治しにくいのです。
肌の老化が重なると、ますます治らなくなっていきます。
膝は関節部分なので、どうしても黒く見えるのは仕方がないのですが、できる限り色を薄くしていきたいものですね。
実は膝は他人から見るととても目立つ部分です。
半ズボンをはいている時に他人に指摘されてはじめて意識する場合もあるでしょう。
膝の黒ずみ解消のために、キツいジーンズやレギンスの締めつけをやめるだけで効果はあります。
お風呂でナイロンタオルでごしごし洗うのをやめるだけでも、黒ずみを少しずつは解消することができます。
お風呂で、スクラブやピーリングでやさしく角質を取り除く方法も試してみるといいでしょう。
しかしこれらの方法では少しずつしか改善されないので、もっと高い効果を求めたくなりますよね。
クリニックで治療を受ける方法や、家庭で黒ずみ専用の化粧品を塗ることで黒ずみを早く解消することができます。
特にプラセンタエキス配合のジェルや、クリームが効果的です。

膝の黒ずみを解消する方法

膝に対する黒ずみは、解決する方法はあります。
基本的には、メラニン色素による黒ずみを解決させる事がポイントになるでしょう。
それゆえに肌に対する刺激と保湿性という2点が、重要ポイントになってきます。

保湿を与える

膝を保湿するイメージ

基本的にメラニン色素による問題は保湿によって解決されるケースが多いです。
人によっては肌が少し乾きがちな事もありますが、普段からの心がけ1つで、それが解消されるケースも目立ちます。
的な解消方法としては、まず化粧水などが挙げられるでしょう。
そもそも化粧水は、保湿性を悪化してしまうケースも多いからです。
普段から使っている化粧水によっては、著しく水分が奪われてしまう事もあります。
逆に言えば、化粧水の見直しが推奨される訳です。
普段から用いている化粧水を、別の物にチェンジしてあげると、自然と保湿ケアもできる傾向があります。
したがって膝に対する黒ずみが気になる時には、ちょっと化粧水のチェンジを検討すると良いでしょう。
また当然ですが、乳液なども保湿ケアには大きく関わってきます。
製品によっては、保湿力が高めなタイプも見られますから、それでケアをしてあげると黒ずみも解消されやすくなるでしょう。

刺激を与えない

膝の黒ずみを見る女性

刺激も大きなポイントになります。
洗浄方法を見直すことによって、黒ずみが解消されるケースも多いのです。
例えば、タオルの素材などには着目すると良いでしょう。
そもそも人々が用いるタオルによっては、やや刺激が強めです。
過剰な刺激は、黒さを引き起こしてしまう原因になります。
いわゆるメラニンによる黒さは、たいてい過剰な刺激で悪化してしまう傾向があります。
逆に言えば、普段から用いるタオルを別の物にチェンジしてみる選択肢もあるのです。
原則的には、ナイロン素材が用いられたタオルなどは、やはり控えた方が良いでしょう。
そうではなく、肌触りができるだけソフトなタオルを用いると、黒ずみも解消されやすくなる訳です。すなわち「タオルチェンジ」が、黒ずみの解消方法になる訳です。
また普段から洗浄する際に、あまり強く擦らない事も大切です。
清潔感を心がけるとなると、ついつい肌を強く擦りすぎてしまう事もあるでしょう。
しかしそれは、黒ずみを悪化させる原因になってしまいます。
そうではなく、ソフトに洗浄する事が大切なのです。
洗い方を少し工夫してみるだけでも、黒ずみは解消されやすくなるでしょう。
また強くこすってしまう事は、上記でも述べた保湿にも関わってきます。
そもそも肌というパーツは、過剰な刺激によって乾燥しやすくなる訳です。
あまり強く擦ってしまえば、それだけ黒ずみの度合いも悪化する傾向があります。
逆にソフトに擦るよう心がければ、保湿なども見込めるでしょう。
ひいてはそれで黒ずみが解消される事も多い訳ですから、「ソフトな洗浄」も黒ずみ解消方法の1つになる訳です。

膝に黒ずみが出来ないようにするための予防方法

膝は皮膚が薄い部位なので黒ずみが出来てしまう事もよくあります。
膝は露出する事も多いので黒ずみが出来てしまうと周囲の人に対して印象を悪くしてしまう事も少なくありません。
そのため膝に黒ずみが出来ないようにするための予防方法をいくつか挙げていくので実戦して予防していきましょう。

刺激を避ける

膝を交差させる女性

黒ずみが出来てしまう主な原因は刺激を与えてしまう事で膝に関しては日常生活の中で刺激を与えてしまっています。
座っていて起き上がる時に膝を床に突いてしまったり他の人と会話する時に立て膝を突いてしまうという事がよくありますが、その時にも膝に刺激を与えてしまっています。
特に薄着をしていて膝を露出している時に膝を突いてしまうとより強い刺激を与えてしまい黒ずみが出来てしまいます。
そのため日常生活の中で出来るだけ膝を床に突かないという事が大切になってきます。
また膝にサポーターをして保護すると与える刺激も弱くなるので黒ずみの予防をする事が出来ます。
日常生活の中でズボンを履きますが、その時も膝との間に摩擦が起こってしまって刺激を与えてしまっています。
特にピッタリとしたズボンを履いてしまうと膝との間に起こる摩擦が強くなってしまうので与える刺激も強くなってしまいます。
そのためズボンを履く時はピッタリしたズボンを履くのを止めてゆったりめのズボンを履くようにして膝との間に摩擦が起こらないようにすると黒ずみの予防をする事が出来ます。

日焼けを防ぐ

日焼けを気にする女性

暖かい季節になると薄着をして膝を露出する事も多くなりますが、紫外線を浴び過ぎてしまうのも黒ずみが出来てしまう原因となります。
そのため膝を露出する服装をする時は日焼け止めのクリームを塗るなどのUV対策をする事が大切になってきます。
また膝を露出しない服装をするようにする事も黒ずみの予防にもなります。

乾燥を防ぐ

膝の黒ずみにクリーム

膝は皮膚が薄いので乾燥しやすい部位でもあります。
乾燥してしまうと古い角質が溜まりやすくなったり肌のターンオーバーが乱れやすくなったりします。
そのため刺激に弱くなって黒ずみが出来てしまうので乾燥させないという事が大切になってきます。
入浴後に膝にクリームなどを塗って保湿させると乾燥しなくなってくるので黒ずみを予防する事が出来ます。
入浴中には体をナイロンタオルなどで強く洗ってしまう事がありますが、その時も大きな刺激を与えてしまっています。
特に皮膚の薄い膝には強い刺激を与えてしまうので黒ずみが出来てしまう事もよくあります。
そのため体を洗う時はなるべく手洗いにしてボディソープをしっかり泡立てて優しく洗うようにすると膝に刺激を与えてしまう事もなくなるので黒ずみを予防する事が出来ます。

膝の黒ずみを予防していく方法はこのようにたくさんあるので日常生活の中で取り入れてみるようにしましょう。
また膝に黒ずみが出来てしまった時でもこれらの予防方法を実践すれば解消していく事が出来るので黒ずみが酷くなる前に取り組んでみるようにしましょう。

膝の黒ずみに関する体験談

しつこい膝の黒ずみは保湿で改善

膝の黒ずみ解消ラボ!人気ケア商品ランキング

膝の黒ずみに気がついたのは5年ほど前でした。
会社は制服だったので膝がちょうど見えるスカート丈で、どうしたら改善できるのか考えて、とにかく保湿だと思いました。
それまではずっとシャワーで済ませていましたが、毎日お風呂に入って膝をお湯につけて温め、お風呂上がりに保湿クリームを塗りました。
会社の同僚に黒ずみについて相談してみましたが、誰もこんなに汚い膝の人はいなくて、象みたいと言われ、とてもショックでした。
保湿をし始めてから、黒ずみが少し薄い色になって、カサカサで硬くなっていた角質がかさぶたよさのように取れてきました。
かさぶたを取るとヒリヒリしたので、あまり触らないようにし、お風呂上がり以外でも気づいたら保湿クリームを塗りこむようにしました。
膝を出すのが嫌だったのでずっと黒い靴下やタイツを履いていましたが、保湿を始めてから3カ月くらいたったときは、肌色のストッキングを履いても目立たない程度に改善できました。
それからは夏でもお風呂に入るようにし、1年くらい保湿を続け、今は全く黒ずみはありません。
保湿もたまにするくらいですが、肌色をキープしています。
やはりお風呂に入る習慣と保湿が大事だったのだなと思います。
どれだけ綺麗でスタイルのいい足でも膝に年齢が出ると言われているので、これからは黒ずみ対策ではなく、アンチエイジングとしての膝のケアをしていこうかなと思います。

参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

一般社団法人 日本全身美容協会
http://www.mhlw.go.jp

総務省
http://www.soumu.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp