紫外線や摩擦によるメラニン色素の生成

膝が黒ずむ原因と対処法

白くてつるつるとした膝にあこがれている女性は多いと思います。
しかし、薄着の季節などに街を行く女性たちの露出した膝を見ると、結構皆さん黒ずみを持っていて、なかなか美しい膝を維持することは難しいようです。
薄かったり濃かったりと個人差はあるものの、皆さんそれぞれに膝の悩みを抱えているように見えます。

紫外線のメラニン生成

紫外線のイメージ
夏のカンカン照りの時期以外でも、紫外線には気を付けなければなりません。
膝が出る丈のスカートや、キュロットといったボトムスを穿いているのに日焼け止めを塗っていないと、肌が露出している部分の日焼けをしますよね。
時間が経てば日焼けした肌も元の白さに戻るでしょう、しかし、実は肌の奥ではシミの元となるメラニン色素が生成され、シミとなり出てきます。
それが膝への黒ずみの元なのです。
太陽光が弱い冬であっても、紫外線の影響を受ける事があります。
外出時は日焼け止めを塗ったり、肌をなるべく太陽光に当たらないようにして、紫外線から膝を守りましょう。

外部からの摩擦による刺激でメラニン生成

膝に刺激を与えている様子
黒ずみは脇、肘、お尻、デリケートゾーンなどにも出来る事がありますが、外部からの刺激を受けやすい膝に出来てしまう事が多いです。
ちょっとした刺激にも本当に弱いところなのです。
皮脂腺が少ないパーツなので、常に乾燥している状態で、皮膚を守ってくれるものがないためにわずかな刺激が決定的なダメージとなってしまうのです。
そうした刺激により、角質がどんどん溜まっていくと、どんどん色素が沈着していき、最終的には皮膚が黒くなってしまうのです。
膝は他の部位に比べて皮膚が薄いので外部からの刺激を受けてしまうと肌を保護するためにメラニン色素が沈着されて黒ずみが出来てしまう事が多いのです。

膝に黒ずみができてしまう原因に関する詳しいエピソードはこちら

膝の黒ずみ徹底解消!人気商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*