日常生活で膝に刺激を与えてしまっている

膝の黒ずみ、原因は色素沈着?

いつの間にか、膝にできている「黒ずみ」……。
心当たりはありませんか?
日頃からスカートをはいていたり、足を出す格好をしている人は、膝の黒ずみが気になったことがあるかと思います。

膝を床に突いてしまう動作

日常で膝をつく女性
膝に刺激を与えてしまう生活習慣で最も多いのは膝を床に突いてしまう動作でしょう。
座っていて立ち上がる時に膝を突いてしまったり立て膝を突いてしまったりする動作は日常生活の中で頻繁にあります。
日常生活の中で膝を使う機会は意外に多いものです。
家事をしていて床に膝をついたりすることは頻繁にあります。
生活しているとよく床を拭くときに膝をつきますし、お風呂場で体を洗う時に膝をつくのも多いです。
その時に膝に刺激を与えてしまっているので膝を床に突く回数が多い人ほど黒ずみが出来てしまう可能性が高いです。
また膝を露出したまま床に突いてしまうとより強い刺激を与えてしまうので黒ずみが出来る原因となってしまいます。
膝に黒ずみが出来ないようにするためには日常生活の中で膝を床に突く回数を出来るだけ少なくし、膝への刺激を減らすという事が大切になってきます。

椅子に座っている時

膝を組む女性
また、椅子に座っているとき、頻繁に足を組み替える癖のある人がいますが、これもやめた方がいいでしょう。
僅かな刺激、と思われるかもしれませんが、積み重なれば膝にはやはりよくない影響を確実に与えますし、長期的には体全体の骨格にもよくない影響が出ます。

膝とズボン間での摩擦

スキニーパンツ
膝に刺激を与えてしまうのは普段履いているズボンが大きく影響してきます。
特にぴったりとしたズボンを履いていると日常生活の中の動作の時に常に膝とズボンの間で摩擦が起こってしまいます。
また、スキニーパンツって足が細く見えるかわりに、肌への密着率が高いのです。
ですからスキニーパンツを穿いて歩いていると、歩行の振動により膝の表面肌とスキニーパンツの生地が擦れてしまいます。
二の腕や足を何度も指で擦ると、肌は赤くなってしまいますよね。
肌が何度も摩擦を受ける事で、その部分の肌だけがダメージを受けて、その結果色素沈着による黒ずみが起きているのです。
そのため刺激を与え続けてしまうので黒ずみが出来てしまう可能性が高いです。
またズボンがザラザラしたような材質だと膝との間に摩擦が起こりやすくなってしまうので黒ずみが出来る原因となってしまいます。
膝に黒ずみが出来ないようにするにはゆったりとしたサイズで肌触りの良い材質のズボンを履くようにすると膝との間に摩擦が起こらなくなるので効果的です。

洗浄の際の刺激

ナイロンタオル
服だけではありません、タオルでゴシゴシ力強く擦って洗う、剃刀で何度もムダ毛処理する事でも黒ずんでしまいます。
膝に刺激を与えてしまうのは入浴中にナイロンタオルなどで強く洗ってしまう事も挙げられます。
入浴中は体を綺麗にするためにナイロンタオルで強く洗って汚れをすべて落とそうとしてしまいます。
しかしナイロンタオルで強く洗ってしまうと特に皮膚の薄い膝に強い刺激を与えてしまうので黒ずみが出来る原因にもなってしまいます。
そのため体を洗う時はナイロンタオルを使用しないで手で優しく洗うようにするといいでしょう。
お風呂にゆっくりつかって、膝のマッサージをして肌を柔らかくあげてください。
こうすることで、肌の代謝が良くなり、黒ずんだ皮膚を垢として押し出してくれます。

怪我による色素沈着

ケガをしやすい膝
黒ずみの正体のひとつに、古い角質があります。
角質のケアを怠りがちな膝。ケア不足が原因で黒ずんでしまう場合もあるのだとか。
怪我による色素沈着です。
小学生ぐらいの小さいころに、サッカーをしていて、膝からスライディングしたとかいうことはありませんか?
サッカーや外遊びなどで、いつも体のどこかに絆創膏が貼ってある人はよくいましたね。
そうでなくとも、膝はケガをしやすい場所。
ケガを繰り返すことで、これまた色素沈着してしまうのだそうです。
何度もケガをして血を流し、かさぶたができては治ることで、いつの間にか色素沈着してしまうこともあるのだそうです。

刺激が原因でできる膝の黒ずみ関連エピソード・1
刺激が原因でできる膝の黒ずみ関連エピソード・2
刺激が原因でできる膝の黒ずみ関連エピソード・3

膝の黒ずみを効果的に解消しよう!人気のケアグッズランキングへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*